介護職辞めたいなら退職代行の「マカセタ」がおすすめ!

介護職を辞めたい方へ

トップページ > 新潟県

当サイトは新潟県にお住まいの介護職の方で、辞めたいのに辞めることができずに困っているという方のために、介護・医療のプロが退職を代行してくれる退職代行「マカセタ」を紹介しています。

介護職を辞めたいけど言い出しにくい…

少子高齢化の現代、多くの介護現場で職員が不足していることが社会問題になっています。

介護というお仕事で頑張っている方は皆さん一様に志が高く、人を助けたいという気持ちで働いている方がほとんどです。

自分が抜けることによって、他のスタッフの負担が増えてしまうのがわかるから辞めるなんて言い出せない…。

そんな思いで、必死に働いている人もたくさん見てきました。

せめて労働条件が第三者の目から見ても納得できるものでしたら、応援できたかもしれません。しかしほとんどの場合、決して恵まれているとは言えない労働条件で働いているという方が大半でした。

以前、待遇改善を訴えた人が上司にこんなことを言われたそうです。

「あなたよりも古くから働いている○○さんは、あなたとほぼ同じ条件で文句も言わずに働いている。だからあなたの待遇を改善することはできない」と。

つまり、あなたが我慢していることで他の誰かも我慢させられている可能性があるのです。

自分さえ我慢していれば良い。そんな想いはもう捨ててください。

あなたの行動が、介護の現場を変える一歩になるかもしれないのです。

介護職を辞めたいと伝えたのに取り合ってもらえない…

期間の定めのない雇用契約であれば、退職届を出して2週間経過すれば退職することができると法律で認められています。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。(民法627条第1項)

また、就業規則等で、退職届は○ヶ月以上前に提出することと定められている場合も、「期間の定めのない雇用契約」であればその規則は無効とされ、退職したい日の2週間前に退職届を出せば退職は認められますのでご安心ください。

期間の定めのある雇用契約は満了するまで退職できない?

契約社員など、「契約期間はX年X月X日からX年X月X日までとする」や、「X年ごとに契約を更新する」など、期間の定めのある雇用契約場合、原則として契約期間が満了するまでは自由に退職することはできませんが、一部の例外を除いて、契約期間の初日から1年を経過した日以後においては、いつでも会社を辞めることができると労働基準法137条で定められています。

期間の定めのある雇用契約(省略)を締結した労働者(省略)は(省略)、民法628条の規定にかかわらず、当該労働契約の期間の初日から1年を経過した日以後においては、その使用者に申し出ることにより、いつでも退職することができる。(労働基準法137条)

仮に3年契約であったとしても、2018年4月1日から勤務を始めた場合、2019年4月1日以降いつでも辞めることができると法律で決められていますし、やむを得ない事由がある場合は契約期間の途中でもすぐに辞めることができると民法628条によって認められています。

職場の環境が酷くて辞めたい…

労働条件が悪かったり、いじめや嫌がらせが理由で介護職を辞めたい・転職したいと考えている人も多いと思います。

しかし、環境が悪い職場ほど人手不足が顕著であることから、あれこれ理由をつけて退職を阻もうとしてくるケースが多いのが実情です。

中には「辞めたら損害賠償請求をする」などと、脅迫まがいのことを言って退職を諦めさせようとする人もいます。

しかし、「期間の定めのない雇用契約」の場合、いつでも退職することができると民法で定められていますので、そんな脅しに屈する必要はありません。

介護・医療専門退職代行「マカセタ」は現場を知っているプロがあなたの退職に必要な連絡を代行してくれます。

相談は無料ですし、万が一何らかの理由によって退職が認められなかった場合は全額が返金されますので、介護・医療のお仕事に就いていて辞めることができずに悩んでいるという方、まずは一度マカセタに相談されてみることをおすすめします。

介護職を辞めたい方へ

介護職を辞めたいと考えている方へ
  • 介護・医療専門の退職代行!
  • 手厚いアフターサービス!
  • 完全返金システム!

【介護・医療専門の退職代行】
マカセタは介護・医療の現場を知っているプロがあなたの退職手続きを代行してくれます。

退職代行にできることとは?

  • 退職する旨を伝えてくれる
  • 有給休暇の取得希望を伝えてくれる
  • 離職票の発送に関する連絡を伝えてくれる
  • 社会保険などに手続きに関する連絡を伝えてくれる
  • 退職金の確認を伝えてくれる
  • 会社からあなたや実家へ連絡しないよう伝えてくれる
  • 会社にある私物をあなたの元へ送付するよう伝えてくれる

退職代行は交渉を行うことはできませんが、あなたの要望や希望をそのまま伝えてもらうことは可能です。

未払い金や退職金の「交渉」などは原則として弁護士しか行えませんので(弁護士以外の者が交渉を行う行為を非弁行為と呼びます)、もし、あなたが残業代未払いの交渉や、退職金の交渉、慰謝料の請求、有給の買い取り交渉などを希望しているのであれば、弁護士までご相談ください。

ただ辞めることを目的にしているのであれば、退職代行で全く問題ありません。

まとめ

介護職の方で辞めたいのに辞められなくて悩んでいる…という方はいませんか?

退職代行「マカセタ」なら、介護・医療のプロがあなたの退職を代行してくれます!

新潟県の方向け介護職を辞めたい人のためのQ&A

Q.勤務先に行かなくても退職できますか?

A.できます。

退職の手続きはすべて郵送で行われます。

Q.本当に退職できますか?

A.できます。

普通の雇用契約であれば退職できる権利が法律により認められています。

Q.万が一、退職できなかった場合払ったお金は無駄になりますか?

A.なりません。

退職代行というのはほとんどの業者で高い成功率を誇っていますので、失敗する可能性は極めて低いと言えます。
それでも心配ということであれば、失敗した際は全額返金してくれる「マカセタ」などがおすすめです。

Q.勤務先が退職を認めてくれるか不安です…。

A.大丈夫です。

普通の雇用契約であれば退職できる権利が法律により認められています。
一部の特殊な雇用契約を除き、勤務先から承諾を得ることなく、一方的に退職しても問題ありません。

Q.離職票などの書類は発行してもらえますか?

A.大丈夫です。

離職票などの書類の発行は、法律上の義務です。

Q.突然退職したら勤務先から損害賠償を請求されたり、訴えられたりしませんか?

A.可能性はとても低いです。

損害賠償請求や訴訟のリスクがまったく無いわけではありませんが、退職には勤務先の承諾は必要ありませんから、退職したこと自体を理由に訴えられることはありません。

また、あなたが大きな責任がある立場である場合を除いて、訴えられるだけの損害が発生することはまず考えられません。損害賠償請求をするには損害があった証明をする必要がありますし、訴えを起こすコストを考えると実際に行動に移す会社はないと言えるでしょう。

Q.家族や親にバレずに退職できますか?

A.確約はできません。

勤務先に対して、あなたのご家族やご両親に対して連絡をしないように伝えてもらうことはできますが、強制力がありませんので保証はできません。

Q.上司や会社から携帯電話に連絡されたり自宅に訪問されたりすることはありませんか?

A.確約はできません。

勤務先に対してあなたに連絡したり、自宅を訪問しないよう伝えてもらうことはできますが、強制力がありませんので保証はできません。

Q.保険証や勤務先の制服はどうすればいいですか?

A.貸与されているものは、最後に出社する日にすべて置いてきてください。

手元にある場合は、送る前の証拠写真を撮影したうえで、勤務先に郵送してください。(届いていないと言われないために簡易書留等を利用しましょう。)

Q.勤務先に私物がある場合は、取りに行かなければいけませんか?

A.送付依頼は可能です。

私物は最後に出社する日までに、すべて持ち帰ってください。
やむを得ず、勤務先に置いてきた場合は、勤務先から郵送してもらえるよう伝えてもらうことは可能です。
ただ、会社側からの嫌がらせで複数回着払いで送られたという例もありますので、可能な限り事前に持ち帰っておくことをおすすめします。

Q.退職代行を使うと転職に不利になりませんか?

A.なりません。

安心してご利用ください。

Q.追加料金は発生しませんか?

A.業者によります。

格安で請け負っている業者の場合、追加料金が発生するというケースがあるようです。
「マカセタ」など、追加料金が発生することがないと明記されている明朗会計な業者に頼むのが安心です。

退職代行の利用を考えているときに役立つコラム

なんとしてでも会社を辞めたいので退職代行を考えている。でも料金が高そうで一歩が踏み出せない…。

そんな人はいませんか?退職代行サービスの料金相場は平均5万円です。

実は弁護士事務所でも5万前後で退職代行を請け負ってくれるところがあります。また、業者によっては退職失敗の場合には全額返金保証というところもあります。但し、未払い金の請求や有給交渉なども考えているという場合は別途費用がかかりますので注意しましょう。退職金などの請求・交渉が可能なのは弁護士資格を有している者のみとなっており、無資格者が示談交渉を行うのは法律で禁じられています。請求や交渉はなく、1日でも早く辞めたいという人は料金が安い業者でも問題ありませんが、未払い金などの請求・交渉を考えている人は弁護士さんに相談しましょう。
退職代行サービスとは、その名が示す通り、退職したい人に代わり退職の意向を会社に伝えてくれるサービスです。
辞めたいと伝えたのに辞めさせてもらえない…そんなお悩みを抱えている方は是非この退職代行サービスをご利用ください。



退職代行を利用すれば即日にでも辞める事ができますし、会社への連絡も代行サービスが全て行ってくれます。退職届け等も郵送して届ければOKです。

費用は、正社員や契約社員で5万円、アルバイトやパートで4万円くらいが相場です。


なかなか辞めさせてもらえずしんどい…という人は、今すぐ退職代行サービスでそんな会社とおさらばしましょう。会社を辞めさせてもらえない、そんな話を聞いたことがあるという方も多いと思いますし、実際にご自身が経験されたことがあるという人もいるでしょう。辞めたいのに辞めさせてもらえない、これって違法なんじゃないの?と思ったことありませんか?雇用期間の定めがない場合、離職する旨を会社に伝えて2週間経てば雇用契約は終了すると民法に定められています。つまり、法的に辞めると宣言してから2週間で辞めることが認められているのです。
但し会社によっては条件などがある場合がりますので契約書や就業規則を確認してください。次に雇用契約の期間が定められている場合ですが、こちらはやむを得ない事由があれば会社の了承を得なくても会社を辞めることができるとされています。やむを得ない事情がどこまで認められるかが争点になるかと思いますが、雇用契約期間が過ぎてしまえば、いつでも退職してよいと労働基準法137条で定められています。話題騒然の退職代行サービスイグジット。

テレビなどで見聞きしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。有名になるときになってくるのが、イグジットのパクリ業者です。2、3年前まではごく一部の弁護士事務所などでしか行っていなかった退職代行サービスが、今では数多くの業者が乗り出すようになりました。業者によっては非弁行為を行っている業者もあるようですので業者を選ぶ際には十分精査する必要があるでしょう。

パクリ業者が増えたことに対し、あまり良くないイメージを抱く方が大半かと思いますが、実は決して悪いことだけではありません。
退職代行が普及することで退職できずに悩んでいる人をより救えるようになるからです。辞めたいのに辞められない人、イグジットに相談されてみることをおすすめします。退職代行サービスで今、違法性の問題に疑念が持たれています。



退職代行サービスを利用するにあたり、にただ辞められればいいという人もいれば、未払い金はきっちり払ってもらいたいという人もいますよね。

実は、会社と金銭的な交渉や請求を行っていいのは弁護士だけなのです。ゆえに、弁護士資格のない人が会社に交渉を行うことは非弁行為にあたります。

弁護士資格のない人間に依頼する行為を罰する規定はないため、依頼者が罪に問われる恐れはないのですが、非弁行為によって交渉が成立し、退職できたということになれば、退職が取り消される可能性が否定できません。


辞めたいと言っているのに辞めさせない会社の場合、重箱の隅をつついて攻撃してくる可能性も無きにしも非ずなので(この行為も十分、法律違反なんですけどね)残業代の請求などを考えている人は最初から弁護士事務所に相談することをおすすめします。
上司には面と向かって何カ月も前から退職したい旨を伝えており、再就職先も決まっているのに辞めさせてもらえなくて本当に困っている。

そんな相談が増えているそうで、人手不足の深刻さが伺えます。

このまま辞めさせてもらえなかったら…なんて思うと、下手したら再就職自体ダメになってしまうかもしれませんから気が気じゃないと思います。



そんな人におすすめなのが退職代行です。

退職代行であれば即日対応してくれますので、再就職先に迷惑をかけることもありません。



わざわざお金をかけて退職するの?と言う人もいます。
しかし、世の中には辞めたい人を辞めさせてくれない企業も現実に多いので、利用者にケチをつけるのはお門違いです。
退職代行サービスが非弁行為に当たるか否か、弁護士の間でも見解がわかれているようです。

会社に対しての交渉行為や書類作成を代行してしまうと非弁となる行為にあたるとされています。
退職する際に起こり得る交渉事としては、残業代の請求や有給の消化、未払い金の請求などがあります。退職代行サービスではそういった請求・要望は一切伝えてもらえないの?と思うかもしれませんが伝えてもらうことは可能です。
なぜなら退職代行は、交渉はできずとも、伝達することはできるからです。

では、顧問弁護士がついている退職代行なら、交渉は可能ということでしょうか?答えはNOです。

なぜならその顧問弁護士は退職代行業者についている弁護士だからです。その顧問弁護士は退職代行業者が非弁行為を行わないよう指導している立場にすぎません。



残業代や未払い金がある場合などは、交渉になる可能性が高いと思われますので、弁護士事務所に相談するのがスムーズでしょう。あなたは「非弁」と言う言葉を耳にしたことはありませんか?依頼者から報酬を貰い企業など交渉事を行えるのは原則として弁護士のみです。


弁護士資格を有していない人が交渉を行うことは非弁行為として禁止されています。


退職代行で非弁リスクの可能性の有無についてですが、ただ辞めるだけであれば問題はないのですが、残業代の未払いや退職金の請求などがでてくると弁護士が行っている代行サービスを利用したほうが安全です。
格安の退職代行業者の場合、非弁行為を行っている業者もあるようで、そのようなケースでは退職自体が無効になってしまう恐れもあると言われています。

退職代行サービス最大手EXITでは、弁護士が対応するのではなく、弁護士はあくまで会社の顧問弁護士なだけですのでご留意ください。



退職代行サービスを利用したのに退職に失敗してしまった。果たしてそんなことが起こる可能性はあるのでしょうか?答えは、基本的には失敗しないと考えていて大丈夫です。



雇用期間の定めがない場合は、退職届を出してから2週間が経過したら辞められると法律で決められています。

雇用期間が定められている場合でも、期間が過ぎればいつ辞めても問題ないですし、やむを得ない事由があれば会社の承諾がなくとも辞めることが認められています。



ただ1点だけ気を付けなければいけないのが、非弁行為による退職の無効です。退職代行業者によっては非弁行為をしてしまっているケースがあり、その場合には退職が無効となり手続きをし直さなければいけなくなる可能性があります。


そうなった場合は弁護士さんに退職代行を依頼すればいいなので、絶対退職できないなんてことはないので安心してくださいね。

退職代行の口コミは両極端にわかれます。
辞めることも自分で言えないの?という意見もあれば、言ったけど聞き入れてもらえなかったという意見もあります。また、辞めたいならそのまま逃げちゃう・バックレればいいのにという意見もあります。

確かに、退職届を出してから2週間経過すれば辞められると法律で定められています。
しかし、バックレ辞めには損害賠償のリスクもあるのでおすすめはできません。
後腐れなく会社と縁を切るには、正当な手続きを経て退職するのがベターでしょう。退職代行サービスを利用すれば、正当な手続きでちゃんと退職することが可能です。それなりに費用が掛かるのがネックといえばネックですが、確実に辞めることができますので、なかなか退職できない…という人は退職代行サービスの検討をされてみてはいかがでしょうか。


新潟県の方向け退職代行を探す際のお役立ち情報

介護職を辞めたい方へ

新潟県で介護職辞めたいのに辞められない人へ